2017年10月15日

ガメラ 大怪獣空中決戦

名作と名高い平成ガメラシリーズの1作目。
確かに十分それなりには見れたが、これは従来のゴジラ・ガメラシリーズを知ってて、なおかつシン・ゴジラの前に見るべきだった。
そうでないとこの映画で初めて施された怪獣の設定に対するリアリティの追及や特撮の進化なんかを感じられなかった。
なんにせよそういう歴史的に意味のある作品を見れたことはよかったです。
ってかストーリー的にもシン・ゴジラに似てるよね。オマージュ結構入ってない?
遺伝子など生物学的な設定は面白かったけど、石板とか勾玉とかはちょっと嘘っぽくて微妙だったな。
普通に電車に数十人単位の人間が潰されたりするのも人が死なない怪獣映画としては異色だよね。
ガメラの目がクリクリしてて可愛いのがポイント高い。
一番よくなかったのは藤谷文子の超絶大根っぷりだな。
posted by yuyoya at 14:55| Comment(0) | 映画感想 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

猿の惑星: 聖戦記

前作もつまらんかったし期待してなかったけど、やっぱりつまらんかった。
あの名作から3作目でここまで落ちるとは。
映画館で見るのは損するかなぁと悩んだけど、損しました。後日レンタルで十分。
2作続けて駄作ならもう次映画館に観に行くことはないな。
内容が薄いのに長い長い。
人間が言葉を失うコンセプトだけは旧シリーズを踏襲してて悪くなかったんだが、140分間でまじでそれだけ。
左隣はクッサイ謎のつまみもしゃもしゃ食いながらビール持ち込んでるわ、右隣はジュースひっくり返すわ、鑑賞環境も最悪でした。
それにしてもゴリは早死にするのがパターン化してるんですかね。
ってかなんだかんだ前作から時間経っててロケットの存在すら忘れてました。
posted by yuyoya at 23:36| Comment(0) | 映画感想 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

アウトレイジ 最終章

ビヨンドのときも思ったけど、1作目で十分話が完結してるからそれ以降は全てエピローグを見せられてる感があるんだよね。
ビヨンドがそうなんだからこれなんかエピローグのエピローグだよね。
まぁ割と尺も短いし飽きずに最後までは見ていられたけど、それだけかなぁ。
大友って元は小さな組の親分の身だったのに最終的にはなんでこんな無敵マンなのよ。つまらん。
ビヨンドみたくもう一度見たら楽しさ増すんだろうか。
新しい役者では岸部一徳とピエール瀧がよかったね。
岸部一徳はインテリヤクザ感が、ピエール瀧は小物ヤクザ感が。
大杉漣は微妙。大森南朋は全然ダメ。
前回最高最強の武闘派極道を演じてくれた塩見三省が完全に弱々しくなっちゃってたのが本当に残念。
病気とはいえ見てて悲しくなりました。
あと前回いい味出してた神山繁が勝手に退場してたのも残念。ギャラかなんかで出演の折り合いつかなかったんだろうか。
posted by yuyoya at 00:11| Comment(0) | 映画感想 | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ヘイル、シーザー!

ちょっとびっくりするくらいつまらなかったです。
コーエン兄弟でここまで大外れ引くって初めてかも。
ストーリーの骨子や人物関係すら把握できずに完全に置いてけぼり状態。
この作品は映画館に観に行く都合がつけられずレンタルで鑑賞することになったんだけど、マジ映画館に観に行かなくてよかったです。
こういう感情久しぶり。
つまんない映画って開始1分で「あ、ヤバイな」って感じるんだけど、あれなんなんだろう。
スカーレット・ヨハンソン老けたなあ。
posted by yuyoya at 21:38| Comment(0) | 映画感想 | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

アウトレイジ ビヨンド

それなりに面白い部分もあることは確かなんだけど、やっぱり前作に比べて粗が目立つよなぁ。
前にも感想で書いてたと思うけど、名高達男と光石研がショボすぎる。
ついでに中尾彬もショボい。三浦友和の貫禄とは比べ物にならん。
あの程度の拘束具合でしかも軟球で石原を殺すシーンがショボすぎる。
そもそも石原はインテリヤクザが最大の魅力だったのに、今回はただ喚き散らしてるチンピラでマジショボい。
舟木が殺されてないのが不可解すぎる。生かしといても何の得もないのに。
ヒットマンが強すぎる。もうちょっとストーリー性持たせられなかったのか。
松重豊がいいよね。唯一の良心って感じで。小日向文世との対比もいい。
あと今回最強にかっこよかったのは塩見三省ね。リアル極道だよあれ。
posted by yuyoya at 10:20| Comment(0) | 映画感想 | 更新情報をチェックする